山陽電子工業株式会社
イメージ


より人間的な技術をーーという願いから生まれた電子制御技術ー。 それがくらしを変え、生産システムを進化させました。変革期のいま、さらに人間にあたたかく、そして生産効率を求めて一段の進化の時期にさしかかっています。山陽電子工業は、この兆しをとらえ、新たな技術開発に向かって挑戦しています。


電子 Electronics
これからのデジタルハイビジョン時代

エレクトロニクスは、山陽電子工業の中核技術です。それを時代のニーズに応えて高速に磨くことで、これまで通信・放送から医療・環境まで独自の領域を開拓・拡大してきました。現在各地域で展開されてる地上デジタル放送や、ハイビジョン放送の中で、山陽電子工業が蓄積してきた技術により、お客様のニーズにお応え出来る製品開発を進めていきます。


放送周辺機器の開発設計製作
・ハイビジョン映像信号シリアル伝送技術、OS組み込み技術、ネットワーク技術の応用、CPU組み込み技術を用いた放送、通信機器の設計製作業務
ディジタルFPUリモコン

>>デジタルFPUリモコン

簡易FPUリモコン装置(親機)から基地局などの中継点に設置された簡易FPUリモコン装置(子機)に接続されたデジタルFPUの送受信チャンネル、伝送レート及び回転台の監視と制御を行えます。
プログラム伝送装置
送信装置1台で最大5回線まで受信装置への接続が行え、電話回線をつなぐだけで簡単に緊急素材伝送システムを構築出来ます。

新素材を用いた耐雷装置の設計製作業務

無線中継所などを雷害から守る耐雷対策製品として電源回路からの誘導雷対策として「耐雷トランス」を、無人設備のブレーカー遮断に対する自動復旧手段として「ARB」を、用途や設置場所、に合わせた各種のラインナップを製品化しております。

・オートリセットブレーカー(ARB)
・耐雷トランス

オートリセットブレーカー
テレビ中継局、各種無線中継所等の無人局で雷サージ等の過電流によりNFBがトリップした時、一定時間後、NFBを自動的に再投入します。
耐雷トランス
シールドトランスを主体とした機能に受電系から侵入する雷サージを減衰させ、2次側の大切な機器を雷害から保護する装置です。
Business 事業内容
山陽電子工業とは?
通信・放送事業
医療・産業機器
放送機器
電子デバイス
 
>山陽電子工業ウェブサイトのご利用について  >プライバシーポリシー  >サイトマップ
Page Top
Copyright (C)1998-2011 Sanyo Electronic Industries Co.,Ltd. All rights Reserved.