山陽電子工業株式会社
● PSA窒素ガス発生装置

PSA窒素ガス発生装置

 

 

 


概 要
 高性能の分子篩炭(Molecular Sieving Carbon=MSC)を用いたPSA(Pressure Swing Adsorption)方式の窒素ガス発生装置です。このMSCは、酸素を素早く多量 に吸着する性質を持っており、この性質を利用して空気中より高濃度の窒素ガスを生成します。

特 長   
・独自のPSA方式を採用し、高濃度(酸素濃度0.01%未満)で低露点の窒素ガスを生成することができます。
・高圧ガス保安法の適用外ですので移動や設置が容易です。
・コンパクト設計なので設置スペースをとりません。
・運転操作が容易で、メンテナンスが簡単です。
・低酸素CO2 細胞培養器用窒素ガスとしての専用機もあります。

機 種(標準型)
 ・コンプレッサー内蔵型
   生成窒素ガス量   1L/min〜15L/minまで
 ・コンプレッサー別置き型
   生成窒素ガス量   15L/min〜150L/minまで
 ・本体のみ(工場エアーや客先にてのコンプレッサー支給)
   生成窒素ガス量   1L/min〜150L/minまで
  客先筐体内設置型等のOEM供給もできます。

用 途
 食品関連: 鮮度(酸化防止)・風味・香りなどの保持
 電子関連: プリント基板リフロー時の雰囲気ガス
 樹脂成型関連: 樹脂成形時の酸化・炭化防止
 防爆用: 石油・化学工業等
 ボンベ代替: 各種分析機器・科学機器用

生産形態:受注生産

標準仕様書を用意しています

PSA窒素ガス発生装置 標準仕様書(コンプレッサー内蔵型)
   PDFファイルのダウンロード

PSA窒素ガス発生装置 標準仕様書(コンプレッサー別置き型)
   PDFファイルのダウンロード 

 
 
>山陽電子工業ウェブサイトのご利用について  >プライバシーポリシー  >サイトマップ
Page Top
Copyright (C)1998-2008 Sanyo Electronic Industries Co.,Ltd. All rights Reserved.