山陽電子工業株式会社
● デジタルカラーバー信号発生器 DCB−101

 

概 要:
SMPTE274Mに準拠したHDTV方式マルチフォーマット・カラーバー信号発生器です。

特 徴:
1080システムの1080/59.94規格に準拠した信号
カラーバーパターンは、ARIB STD-B28のマルチフォーマット・カラーバーパターン
音声は、SMPTE 299M-1997で規定されたエンデベッドオーディオ規格
外部出力にSMPTE 292MのSDI(シリアル・デジタル・インターフェース)に準拠した信号フォーマット
日本国内で多く使用されている1080/59.94規格だけに機能を限定し低価格化。

生産形態:受注生産

 仕 様
項 目 仕   様 項 目 仕   様
映像 STD-B28のマルチフォーマット・カラーバー
75%WHITEと100%WHITE切り替え可能。
カラーバー上にフリーズ確認用の動くピクチャーと500×50ピクセル程度のビットマップ 画像を重ねることが可能。
リターンロス
15dB以上(5MHz以上、1/2fc未満)
10dB以上(1/2fc以上、fc以下)
fc:クロック周波数=1.485/1.001GHz(1125/59.94システム)
音声 エンベデッドオーディオ規格の音声1KHzを8チャンネルSDI出力に多重。 コネクタ コネクタ :75ΩBNC
出力系統 2系統 SMPTE 292M準拠HD-SDI ケーブル種類 75Ω同軸ケーブル対応
出力信号振幅 800mVp-p ± 10% 寸法

W212×H44×D250(mm)  EIA規格 1Uハーフサイズ

ジッタ タイミングジッタ 1UI以下
アライメントジッタ 0.2UI以下
   
出力インピーダンス 75Ω不平衡 環境特性

使用周囲温度・湿度特性
  0〜50℃   20〜85%RH(結露なし)
保存周囲温度湿度特性
  −20〜70℃ 20〜85%RH(結露なし)

 
 
>山陽電子工業ウェブサイトのご利用について  >プライバシーポリシー  >サイトマップ
Page Top
Copyright (C)1998-2004 Sanyo Electronic Industries Co.,Ltd. All rights Reserved.